忙しい営業をサポートするSFA

営業が忙しいのは、増益につながる可能性があってとても嬉しいことです。でも活動に無駄があると本来得られる案件を逃したり、人数が足りなくて回りきれないなどの問題に発展するかもしれません。そうならないためにはSFAを使った管理が必要です。営業支援ツールと言われるシステムですが、営業の効率化を行うことが期待できます。

SFAは商談の状況や営業活動、顧客の情報などを入力して分析するツールです。使い方は企業によりさまざまですが、いままであまり着目されなかった営業の効率というのを真剣に考えることができます。顧客によってフレキシブルに対応することが求められる営業ですが、実際にはパターン化できるところもあり、特徴で分類することでお得意様を見つけ出すことが可能です。少ない工数でリピーターを作り出せれば、収益増加につながります。

SFAを使って顧客の特徴や商談の進捗のパターン、期間やタイミングなどを分類し比較すると、共通点が見えてきます。そこでわかったことを全ての案件で実施すれば、成功率が高くなるはずです。逆に失注につながるパターンは排除して無駄をなくすことで時間を有効に使うことができます。リアルタイムにデータを入力できるので、帰社後の業務報告の作成やデータの更新などは不要になります。

営業活動以外の仕事が減ることでコアな業務に集中することができれば、それだけ難しい案件や未開拓の顧客などに手をかけることができるようになるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*