様々なメリットを持つSFAで向上させる業務効率

アメリカで誕生したSFAは営業支援システムを指し、日本でも規模の大小を問わず様々な企業で活用されています。SFAを使うと、見込顧客や既存顧客に関する情報を一元管理できるので、業務効率が上がります。顧客との商談内容に加えて資料も添付できるため、会社のビジネスと顧客との関係を詳しく記録に残せます。SFAには様々な機能があり、顧客管理機能は、顧客の様々な情報を集約して管理できます。

商談の細かい情報も記録できるので、営業活動に役立ちます。営業担当者の活動履歴を残せるため、新しい担当者になっても引継ぎがスムーズに行われます。営業日報をデジタル形式で提出できるため、保存性も効率性も向上します。デジタルだと外出先からの確認や提出も簡単なので、担当者の負担を減らせます。

見込案件管理機能を使うと、社員が持っている案件を簡単に管理できます。社員だけでなくマネージャーも確認して、チーム全体の状況を把握します。顧客との商談を記録している活動履歴を見れば、後から営業活動の無駄な部分を洗い出せます。担当者に過度の負担が掛かっている場合は、分散して負担を軽減します。

営業活動分析は、営業活動を数値で分析できる機能です。成約件数や売上を数値で分析すると、チーム全体の行動目標を立てやすくなります。SFAを上手に活用すると、大量の情報と向き合っている営業担当者の負担をITの力で減らせます。情報を組織内で共有できるため、必要な情報を共有して営業を含む社内の様々な業務の効率化を図れます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*