SFAを活用すれば効果的な営業活動ができます

多くの企業で効果的な営業活動を行うために不可欠な存在となっているツールがSFA、SalesForceAutomationです。このツールは日本語で営業支援システムや営業の自動化と呼ばれており、顧客や案件などに関する情報を一元的に管理します。以前はスタッフが個人的に顧客や案件に関する情報を保有しており、勘や経験に頼った営業活動を行うのが一般的でした。このツールを導入すると様々な情報や営業に関するノウハウを組織全体で共有できるようになります。

個人の勘や経験に頼る必要がなくなり、組織的で効果的な営業活動を行うことができます。営業を担当するスタッフは顧客リストを作成してテレアポを行うだけでなく、企画書の作成や訪問による商談など様々な業務をこなさなければなりません。クレーム対応や既存顧客のアフターフォローなども営業担当スタッフの重要な仕事です。スタッフが1日に使うことができる時間は限られており、全ての顧客を平等に扱うことはできません。

取引の成立する可能性が高い顧客から順番に営業活動を行うことになります。営業担当スタッフの業務には繰り返し行われるものや定型的なものも多数存在します。そのような業務をSFAで自動化すれば、スタッフの負担が軽減されて重要な顧客に中注して営業活動を行うことができます。SFAにはタスク管理機能を備えられており、スタッフが優先度の高い業務に集中するために役立ちます。

またスケジュール管理機能を使えば、スタッフ同士で予定を共有して効果的に連携を図ることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*