SFAを使う具体的なメリットについて

SFAとはSalesForceAutomationを省略した言葉で、日本語では営業支援システムや営業の自動化などと呼ばれています。このツールを使うと営業活動を効率化してスタッフの負担を軽減できるため、近年では多くの企業が導入するようになりました。SFAは営業担当のスタッフが顧客と商談を開始してから受注に至るまでの進捗状況を可視化し、活動を管理するツールです。営業を担当するスタッフは顧客リストを作成してテレアポを行うだけでなく企画書など書類の作成や見込み客への情報発信、訪問による商談やクレーム対応なども行わなければなりません。

既存の顧客へのアフターフォローも営業を担当するスタッフの重要な仕事です。1人で様々な業務をこなす必要がありますが、中には繰り返し行われるものや定型的なものも数多く存在します。SFAを使うとそのような業務が自動化されるので、スタッフの負担が軽くなり見込み客への営業活動など重要な業務に専念できるようになります。スタッフの負担を軽減しつつ生産性を高める上で重要な役割を果たしています。

SFAの主な機能には顧客や案件の管理の他に見積書の作成や売上予測などがあります。このツールを使うと組織全体で顧客や案件などに関する情報を共有できます。スタッフ個人が営業に関する情報を独占的に保有していると、チームワークによる効果的な営業活動を行うことができません。SFAを使えば情報やノウハウが組織全体で共有されるため、スタッフ同士の綿密な連携が可能になりより効果的に営業活動を行うことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*