SFAで実現できること

業務のいろいろなところで自動化が行われる中、営業活動についても効率化が求められて自動化できる部分は積極的に適用しようとする潮流ができています。そのためのツールとして使われるのがSFAです。実際に使うことでどのようなことが実現できるのでしょうか。基本的には営業の効率化と底上げが目的のようです。

顧客相手の業務なため、なかなか効率的にならないと思われがちですが、パターン化することである程度の無駄を省くことが可能です。SFAで実現できることには、営業活動の記録管理や商談の状況把握、他部門との情報共有、予実管理などがあります。活動記録については、誰がどこに訪問しているかを詳細に見ることになりますが、目的は監視ではありません。顧客にたしていつ訪問してそれからどの程度経っているかを知ることで適正な訪問時期を検討するためです。

商談の状況は担当者だけがわかれば良いのではなく、グループで共有することでサポートすることができます。難しい案件ほど多くの人の力を借りた方が安心です。SFAを使うと他部門との連携も簡単になります。例えば在庫状況や納期に関する情報を現場ですぐに見ることができれば、確度の高い見積もりを提示することも可能です。

予実管理は実績ベースで予算を検討する時に便利です。主観的な計画ではなく、エビデンスベースでの検討ができればそれだけ、無理のない計画を立てることが可能です。情報が多く蓄積されればそれだけ確度が高くなります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*