SFAの3つのメリット

SFAが営業活動に与える3つのメリットとは、透明性と効率化、標準化です。透明性とは情報の共有による効果で、組織が同じデータを使って顧客に対峙することができます。現場で起きていることをリアルタイムで把握できるようになることで、バックオフィスのスタッフも臨場感を持って対応できます。経営者としても今自社がどのような状況になってるかがわかるので、判断をスピーディーに行うことが可能です。

情報が共有化できるだけで多くの部署にとって良い影響を与えます。SFAのメリットのうち効率化は、営業活動に係る多くの作業のうち、帰社後に行うことを極力減らすようなことです。インプットとして活動報告を入力すれば、スケジュール管理や商談リスト、顧客情報などいろいろなアウトプットを出力できます。同じデータをいちいち作り替える必要がなく、手間をかけずに作り出すことができます。

予実管理の集計も新たに作る必要がありません。SFAの3つ目のメリットは、営業活動の標準化です。活動方向や案件管理よって適切なパターンが出来上がります。自社の製品を得るための最短プロセスと言えるでしょう。

その方法を全ての営業が実践すれば効率的になって、無駄なく売り上げを上げることができます。お手本がしっかりしていれば、教育にかかる時間も少なくなるので、短時間で現場に出ることができます。個人に任せきりだった営業活動を組織で底上げして、水平展開することが可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*