SFAを有効活用したいときは

SFAは営業支援システムと呼ばれており、このシステムを導入することで売上を伸ばした企業も存在します。ですが、システムは正しく導入しなければ活用出来ず、能力を発揮することが出来ません。SFAを有効活用するためには、ポイントを把握しておく必要があります。まず、自社の営業の抱える問題点を正しく把握しているかどうか、をチェックするべきです。

ここで課題設定や実現したい願いを明らかにしなければ、SFA導入を実行しても有効にデータ活用が出来ません。改善したい営業活動をリストアップ出来るかという点も、調べておく必要があります。連絡が遅延しているのか、売上予測などのデータ不足が発生しているのか、問題点はあらかじめ予測しておくべきです。営業活動を行うにあたって、どの部分にコミュニケーションの不足があるかを把握することも、SFA導入前には考えておきたいポイントとなります。

顧客・担当者・マネージャーのどこかの段階で情報の伝達が行き届いていないからこそ、営業成績が振るわないケースは多いものです。SFAはリアルタイムで商談の進捗状況・達成率・商談内容を把握することが出来ます。この情報はどの場面で活用できるのか、想定しておけばスムーズにシステムを利用出来るでしょう。システム導入のためには、誰がどういった時に入力や閲覧を行うかも考えるべきです。

システムに慣れていない者であれば、入力そのものに手間取る可能性もあります。誰がいつ利用するかを想定してシステムは作成するべきです。SFAのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*