法人企業がタブレット導入するメリット、デメリット

法人企業が業務用としてノートPCを使ってきました。ノートPCは生産性は高いが携帯性が低く、セキュリティ管理や端末をメンテナンスするコストが高いことがデメリットでした。現在、データをクラウドに置くことで端末に大量のメモリーを入れなくても良くなり、タッチパネル技術やiOSやAndroid、WindowsなどのOSの進化などによりタブレットがビジネスシーンに導入できるようになりました。タブレットを導入するメリットは、キーボードを着けなくても良いので重量を抑えることができます。

一枚の板にタッチパネルをつけることで指先で画面を動かすこと、本体のソフトウェアキーボードで文字の入力をすることが出来るので、携帯性がノートPCよりも良くなります。紙の資料を端末の中に読み込ませておけば、顧客へ法人企業の業務内容を説明しやすくなります。紙の資料をなくすことができ、コスト削減につながります。またタブレットは一枚の板なのでノートPCより導入コストが少なくすみます。

しかし、法人企業としてタブレットを導入する時のデメリットも存在します。タブレットは、資料を顧客へ閲覧しやすい綿もありますが、端末単体で資料作成をするには生産性がノートPCに比べて劣ります。端末の中のソフトウェアキーボードは画面の中をキーボードが占めているため資料を作成するには見にくいことがあります。指でピンチイン・ピンチアウトはExcelファイル編集にはストレスが溜まることがあります。

しかし、Blutooth接続のできるキーボードやマウスを使うことでノートPCのに近づけることは可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*