法人でタブレットを導入するメリットとは?

法人契約の携帯電話がスマートフォンに置き替わり始めて久しいですが、プレゼンなどを行う際にはスマートフォンでは画面が小さいため、未だにノートパソコンを持参して行なっているという会社も多いのではないでしょうか。そんなときにはタブレットを使うことで効率化できますよ。ノートパソコンを外で使用するためにはモバイルWi-fiルーターなどを使用する必要もあるので、ノートパソコンとモバイルWi-fiルーターを置き換える形を提案します。タブレットであれば通信カードを実装もできるため、外出先でもネットにつなぐことができますし、アプリを使うことでデータを同期もできます。

また、必要に応じて拡大も簡単に行うことができるので、より効果的なプレゼンを行えます。そして何よりテーブルの上に直置きできるので操作時に向きを変える必要もありません。そして、記録をとったりする際には専用のキーボードカバーやBluetoothキーボードを使うことで、ノートパソコン的に使用することもできます。また、法人でまとめて契約することで通信費を抑えることもできますし、その通信費を抑えるにはMVNOのSIMカードを使うこともできます。

そうすれば部内で容量の分け合いなども行えますね。また、タブレットを使うことでテレビ電話を行うこともできるので、会議の際に営業から戻れなかった場合や、出張中の会議への参加なども可能となります。こういった部分も法人でタブレットを導入するメリットとなります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*