インターネットと店舗をつなげるタブレットのポスレジ

タブレットを端末として利用できるポスレジは活用の仕方によっては新しい経営のあり方を生み出すことができます。クラウド上に商品やその在庫、販売状況などの記録を全て集約させることができるため、レジとして使用するのを全てそのシステム経由のものにすることでどのような売り方をしても一元管理を行うことが可能です。在庫がどれだけあるかだけでなく、販売価格などについてもまとめて管理できるのはクラウドを利用するメリットでしょう。これを活用して行う経営のあり方として、インターネット販売と店舗販売を効果的に行う方法があります。

ECサイトを構築してクラウドを利用する会計システムを利用しておけば、販売されたときには在庫を自動的に減らすことが可能です。発注手続きも行われて社内で配送の手続きを進めることができるでしょう。その状況が店舗経営の際の在庫数にも反映されます。店頭だけでなく倉庫にある在庫もリアルタイムで更新されるので在庫切れでお客に迷惑をかけることがありません。

ポスレジの端末としてタブレットを利用すると逆にECサイトの在庫数にも反映させることが可能です。それだけでなく、タブレットを使ってECサイトの商品ページを表示することでお客に対する販促を行うこともできるでしょう。ポスレジとしてだけでなく、販促ツールとしてタブレットを使用できるようになるのも優れている点です。インターネット販売と店舗販売を連携させつつ、効果的な販促を行うために活用を検討しましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*