クリエーターのビジネス用として採用されるタブレット

ビジネス用にIT機器を本格的に導入するクリエーターが増加して来ました。時代が進歩した結果、今ではパソコンとそのソフトウェアで創作物を制作する人々が増えつつあり、アナログの文房具がだんだんとお役御免になってきました。もちろん今でも原稿用紙とペンで、漫画を制作するプロは大勢います。しかし、ビジネス用のツールにペンタブやコンピュータやタブレット端末を買う人々が数多く現れており、近年ではフルデジタル環境で作画に臨む人々さえいます。

タブレット端末と専用のタッチペンがあれば、いつでもどこでもスケッチが出来ます。最近のタブレット端末はタッチペンによる筆圧を感知します。昔のタブレット端末は画一的な描写しか出来ず、ビジネス用のツールにはなりませんでした。またスペックが低かった事、専用のCGアプリが存在しなかったため、クリエーターには使われませんでした。

しかし、今の製品には豊富なアプリがインストール可能となっており、水彩画や漫画のネーム作成や油絵風CGといった、クリエーターに嬉しい機能が使えます。デジタル形式で描写した内容は保存出来ますので、紙のメモとは違い、簡単に管理出来ます。自宅では作業が捗らないタイプのクリエーターの方は、タブレット端末を公園やファミレスに持ち出して、そこで作画をスタートさせます。これはデスクトップPCや普通のキャンバスでは出来ない芸当であり、携帯性に優れた端末だからこそ、出来るお得なテクです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*