ビジネスにテレビ会議は必須なのか

ビジネスにテレビ会議が導入されることが多くなってきました。テレビ会議は、遠く離れた場所でもまるで同じ部屋にいるかのようにお互いの顔を見ながら話し合いができるというものです。ビジネスコミュニケーションには必須のツールとなっています。例えば、東京都と大阪など、全国に支店を持つような会社の場合、同じ会社なのに別々の方向を向いて仕事をしているということがあります。

それは、本社とそれぞれの支店で十分にコミュニケーションがとれていないことが原因です。本社と支店で考え方が違うことで、トラブルが起きることもあります。テレビ会議が導入されれば、全国にある支店との間でまるで直接会って会話をしているように会議ができます。これまでは大阪の会社と東京の会社で話し合うには、どちらかが出向いて会議をする必要がありました。

テレビ会議を導入することで、そのためのコストや手間が節約できるのなら、システム導入の費用を差し引いても、総合的には費用が節約できることになります。ビジネスシーン以外でも、新人採用の面接でも利用されることがあります。東京に本社を持つ会社が、各地方からも人材を募集する場合、地方にある支店で面接を受けて、さらに本社の採用担当とテレビ会議で面接を受けるということも増えています。これによって、本社は希望する人材を採用しやすくなります。

しかし、直接会ってのコミュニケーションとほぼ同じように感じられるものの、実際に会わなければわからないこともたくさんあります。対人でのコミュニケーションを怠っていい理由にはならないでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*