ビジネスの場で活用すべきテレビ会議

テレビ会議とは、離れた間の人と、映像と音声を通じて会議をするという仕組みです。現在ビジネスは、グローバルに展開されているものであるため、海外の人々とやり取りをする機会は多いです。直接出張をして現地で打ち合わせをする方法もありますが、その場合には時間がかかってしまうため、早く行動に移したいというときには向いていません。かといって、メールや電話でのやり取りは一度に取り交わせる情報量に限界がありますし、複数にんでのやり取りができません。

そこで、テレビ会議の存在が役に立ちます。通信もブロードバンドが発達しているため、テレビ会議に必要な機材も効果ではなくなりました。ネット回線とカメラやマイクと、映像と音声を出力できる物をお互いに用意していれば利用することができます。そのため、時差を考慮さえしておけば、すぐに海外の支店や取引相手との会議を実行に移せます。

情報社会となってからは、情報の伝達のスピードが速くなりました。それはビジネスにおいても、新しい技術や商品がすぐに広まって陳腐化してしまうということを表します。つまり、現代ビジネスではいかに実行を早くするかが勝負の分かれ道なのです。その意味でも、テレビ会議を用いることのメリットは大きいということができるでしょう。

以上のように、物理的には遠くに離れていて会えない人との間で、コミュニケーションがとれるテレビ会議は今後も活用されていくことになるでしょう、SFAのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*