ビジネスにおけるテレビ会議導入

ネットの普及でビジネスの時間と距離が短縮している昨今、会議の方法もネットを活用したテレビ会議も増えているのが実情です。今までは大手企業の独自インフラでしたが、Skypeなどのグループ通話機能を用いたテレビ会議だけではなく、有料ですがNTTなど大手企業向のクラウド会議システムなど様々なサービスが登場しています。Skypeはこういうテレビ会議システムとしてかなり古くからあったシステムです。このシステムの登場でIP電話という考え方が一般的になりました。

しかも、パソコンやスマートフォンなど接続できるので時間と場所を選びません。Skypeではあらかじめメンバーをグループとして登録しそこに発信することで簡単にテレビ会議が出来ます。しかも、通話中にチャットやファイル送信の他パソコンの書類を表示したりできるのでレジュメも活用した会議が可能です。また、Microsoftが買収した後はOffice365との連携などによりWordやExcelとの親和性も高く、outlookでスケジュール管理も可能です。

また、GoogleのHangoutもほぼ同様のサービスですが、独自サイトになりMicrosoftに対抗しているのも気になるところです。Hangoutの最大の利点は安定感ですが他にも会議中にYouTube動画を貼り付けてプレゼンすることも可能ですし、会議の内容をオープンにしライブ配信機能で社外の人に見てもらうオープンな会議も出来ます。無料サービスはビジネスに大きな投資をせずにテレビ会議を導入できます。一方、有料のシステムは専用端末を挿入したり多額投資を必要としている代わりにネットを専用回線化して使えたり、ボタン操作一つで会議が始められたりなど、セキュリティーと操作性を重視しており機能を限定することで簡単に設定ができます。

ビジネスの規模や目的に応じてサービスを選べる時代になりました。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*