WEB会議の特徴とメリット

WEB会議を使えば、遠隔にある支店同士でも手軽にオンライン上で会議が行えます。インターネットによって映像と音声をシェアできるだけでなく、資料の共有も行えます。そのため、同じオフィスにいなくても、同時に各支店のスタッフがプレゼンテーションを行えるというメリットがあります。WEB会議用のコミュニケーションツールには幾つかありますが、最も人気のあるビデオ会議ツールが、GoogleハングアウトやSkypeです。

その他、appear.inやChatwork、BizMeeなども無料で使えるWEB会議用のツールです。中でもGoogleハングアウトは、Google提供のメッセンジャーアプリで、高画質のビデオチャットが可能です。音声通話やテキストメッセージ機能もあり、使い方次第では画像送信もできます。前もって、Googleアカウントとプラグインのインストールをしなければなりませんが、一度設定すれば、2回目からはすぐに通話できるようになります。

ビデオ通話なら最大10名同時に話せます。パソコンにアプリをダウンロードしておけば、直接ビデオをつなげます。Skypeも10名までビデオ通話ができ、チャット機能も備えています。海外の人と急いで話し合う必要がある時などに、よく用いられています。

自分の画像配信をOFFにして、音声通話だけで会話をすることもできます。こちらも初めにアカウントを取得しますが、複数のアカウントを使い分けることも可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*