便利なWEB会議を利用すれば効率的

近年、インターネット上で会議を行うWEB会議が話題になっています。幾つかツールがありますが、例えばスカイプを利用するなら、距離の離れた支店同士でも、同じ時間にWEB会議を行えます。最大10アカウントまで参加でき、音声だけでなく映像もシェアできます。資料も共有できるので、各支店の社員がスムーズにプレゼンテーションを行えます。

コミュニケーションツールとしては、スカイプの他にGoogleハングアウトも便利です。これはGoogle提供のアプリで、ダウンロードすればビデオチャットが可能になります。WEB会議中にテキストメッセージや画像データを送信することもできます。ただし初めにGoogleアカウントを取得し、さらにプラグインをインストールする必要があります。

しかし設定は1度だけなので、次回からは速やかに通話できます。また急ぎの用事がある場合、こちらも映像をOFFにして、音声会話のみをすることも可能です。まるで電話のように通話でき、しかも電話代はかかりません。そのため、海外への連絡方法として使用している企業もあります。

さらに一人が複数のアカウントを持つことができるため、プライベートと会社で使い分けている人もいます。その他、こちらの音声発信を切って相手側の音声だけを聞いたり、会議で発言されたことを録音したりもできます。尚、コミュニケーションツールの操作にはパスワードが必要なので、忘れないように管理します。CRMとはのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*