住宅トラブル 水漏れ 生活/暮らし

一宮市で水漏れ修理を依頼するときのポイント

投稿日:2021年1月9日 更新日:

愛知県の北西部に位置する一宮市は、2021年4月1日に中核市への移行が決定したといわれています。中核市では法定人口が20万人以上などの指定要件がありますが、一宮市は2020年11月1日時点での推計人口が378、768人で要件を満たしていますし、愛知県の中では岡崎市に次ぎ4番目に人口が多い市です。市域の北側から西側にかけて木曽川が流れ、東海道本線が市域を南北に縦断するなどの環境を持ちます。また、一宮市の南側は北名古屋市に隣接しており、その先には愛知県の県庁所在地でもある名古屋市がある、水漏れなど水回りのトラブル対応を行っている修理業者も少なくありません。

水回りのトラブル対応を行う業者を利用される人も多いかと思われますが、給水設備からの水漏れの際には応急処置として各設備の止水栓を閉じておくことが大切です。止水栓は、各水回りの設備ごとに設置してあるもので、これを閉じておけば水が流れなくなるためポタポタと落ちるような水漏れを一時的に止めることができます。排水系からの場合は、汚水が流れることになりますが配管の繋ぎ目などから漏れているときにはビニールテープをぐるぐる巻きにして応急処置をしておくと良いでしょう。修理業者に依頼してもすぐに来て貰えないこともありますので、これらの応急処置ができるようにしておくと安心です。

一宮市などの修理業者の中には夜間対応や連絡後30分以内に駆けつけてくれる会社もありますので、状況に応じて修理業者を選ぶようにしましょう。

-住宅トラブル, 水漏れ, 生活/暮らし
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一宮市で水漏れの修理を依頼する際の注意点

一宮市の中心地は、名鉄一宮駅や東海道本線の尾張一宮駅があるエリアです。

トイレの水漏れは一宮の家庭でも悩みの種

トイレから水漏れしたり、つまって突然水があふれ出すなど、一宮にもこんな経験で焦った方がいることでしょう。

一宮市で温水洗浄便座の水漏れを直すには

近年では一般家庭における温水洗浄便座の普及率が7割を超えるとされていますが、細かいパーツで構成されているため一宮市でも水漏れトラブルが数多く起きています。

一宮で屋外の水道設備が水漏れして困ったら

一宮では庭で水を撒いたり、駐車スペースで洗車をするなど、日頃から屋外で活動する家庭も多く見られます。

一宮で水漏れ修理をするときに確認したいこと

水漏れは、ある日突然やってきて、仕事を休まなければならなくなったり、忙しい家事や育児、介護などに支障が出たりすることがあります。