Wifiの速度が遅くなった時の対処法

家庭内でのインターネットに必須となっているWifi。

接続速度が遅くなると大きなストレスとなります。Wifiの速度が遅くなる要因はいくつかあります。それらを見直すことによって通信速度をもとに戻せる可能性があります。Wifi親機の長時間駆動は原因の一つです。ルーターもパソコンの一種ですから、長時間駆動することによって様々な不具合が発生する場合があります。この場合は一度親機を再起動することが有効な改善策となります。

Wifi親機の設置場所を見直してみる必要もあります。ルーターが出す電波は届く距離が限られていますし、壁や棚等の障害物があると遮られてしまいます。また、電子レンジや電話の子機等、一部の電子機器の電磁波はルーターの周波数帯域に干渉してしまう可能性があるため、これらの機器から離れた場所に設置するのが理想です。Wifi親機に接続している端末の数を調べなおすことも重要です。

ルーターには一度に接続できる端末の数が機種によって決まっています。家庭用のものであれば、最大接続台数は10台前後が多いです。現在では様々な機器がインターネットにつながることができるため、ルーターに接続している端末の台数が知らないうちに最大接続台数を超えている場合があります。その場合は接続する端末の数を減らすか、追加で親機を購入して設置することで改善されます。通信速度が遅くなってしまった時は以上の点を見直してみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *